肌荒れに!

Cure Grueの石川です。

久々の投稿です。

だいぶ暖かくなってきましたが夜はまだまだ寒いですね?体調崩されていませんか?

花粉症や季節の変わり目でお肌など荒れていませんか?

今日はCure Grueでも使用しているリコピンの化粧品について載せたいと思います。

以下リコピンの化粧品の説明から載せさせて頂きますね!

肌みずから美しくなろうとする力の鍵を握っているのは、「ランゲルハンス細胞」でした。
肌の免疫機能の主役であるランゲルハンス細胞と それを守るリコピンの関係について、ご紹介いたします。

リコピン成分は老化の鍵へ効く

皮膚生理学(細胞学) 2007年
新しい研究によって、老化とスキントラブルのメカニズムが明確になりました。

お肌の老化とスキントラブルのメカニズム

美肌は免疫力で作られる!

お肌の老化は免疫により左右されます。

毎日私たちが、健康な生活を維持できるのは、体内に入り込んだ 細菌やウィルスなどを排除する「免疫機能」が働いているからです。

特に、外界と一日中接している皆さんのお肌には、刺激や異物などから 身体を守ろうとする免疫機能が働いています。

ですが、ライフスタイルや季節の変化により、 お肌本来の免疫力が低下し、様々な異物が お肌から侵入しやすくなることがあります。

免疫機能が正しく稼働せず、にきびや吹出物、乾燥肌や敏感肌の肌トラブルの原因になっていくのです。

免疫力低下からおこる
お肌のトラブル

    • 角層のバリア機能の低下 → 肌あれ乾燥肌
    • 真皮のコラーゲン線維の破壊 → 大ジワ
    • 肌の弾力低下 → たるみ
    • 不調な肌の現象 → 湿疹じんましん炎症水膨れ

美肌を保つためには「皮膚免疫」を

アップさせることです。

    お肌自らが美しくなろうとする鍵を握っているのがランゲルハンス細胞(免疫細胞)です。
    免疫機能の司令塔!ランゲルハンス細胞!

    • ランゲルハンス細胞が常に活性化されば、

損傷した皮膚の修復再生を即し健康な肌を保つことができます。

    防衛機能は加齢により減衰する
    しかし、体調や環境の変化・加齢やストレス、 紫外線などさまざまなものが ランゲルハンス細胞の働きを弱らせる原因になります。
    • ランゲルハンス細胞が衰えてくると、ターンオーバーが遅れ シミやシワ、にきびや吹き出物などの 肌トラブルが引き起こさるようになります。

    働きが弱まる原因の解明
    加齢
    ランゲルハンス細胞から出る鎮静化酵素の量が、加齢にともなって減少(2014年)
    紫外線⇒活性酸素
    紫外線が照射されると皮膚において活性酸素が産生され、ランゲルハンス細胞の膜構造を損傷する可能性が強く示唆された。
    • リコピンがランゲルハンス細胞の減少を補い免疫力アップ!

リコピンがランゲルハンス細胞の酸化を防ぐ!!

リコピンがアンチエイジング成分として重要な役割を果たすのです。

以上だそうです!
トマト🍅凄いですよね⁉️
Cure Grueではお客様のお肌を見て、プラセンタとリコピンの化粧品を使用してお手入れしていきます。
お肌でお悩みの方は是非一度お試しくださいませ!
ホームページは
LINE@始めました!

 

只今初めてのお客様キャンペーンを実施しています!
通常90分21060円が
90分10000円‼︎

お待ちしております!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

エステ・リラクゼーション

【Private Salon Cure Grue(プライベートサロン キュアグルー)】

 

東京都板橋区常盤台4-13-5 アベニールビル2F

L東武東上線 上板橋駅 北口より徒歩4分

 

※当日ご予約をご希望の方は、当日の2時間前までのご予約でお願いします。

<お電話予約可:03-6356-2771>

 

⬇︎オンライン予約/お問合せ⬇︎

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/c5a7v6

⬇︎LINEでお友達限定情報 配信中⬇︎

友だち追加

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆